大阪オーダースーツ テーラーキスモト

大阪のオーダースーツ テーラーキスモト

一着ずつ丁寧にスーツを作り続けるオーダーメイドスーツ専門店

テーラーの紹介

キスモトのテーラーは、長年にわたって蓄積してきた技術を
しっかりと継承し、次世代の教育に力を入れています。

紀州本 佳英

紀州本 佳英

衣・食・住は人間が生活する基盤であると同時に、人間の気持ちにも変化をもたらすものです。
おいしいものを食べたい、良い環境の住宅が欲しい…。生命の維持だけに必要な衣・食・住であれば、最低価格のモノでも用は足すことができます。
我々の仕事である「衣」の分野を見渡してみますと、雑誌、マスコミ等の先導により、良い生地で良い仕立で良心的な価格設定という商品がそっちのけになっております。
当店は昔からお客様のご予算や使用条件を考慮して、オーダースーツを製作してまいりました。
生地選び、デザイン、付属、ディテール、縫製とお客様のご希望を聞き、こちらの経験を加味してアドバイスさせて頂いております。
当店のオーダースーツは基本的にはアッサリしたものです。シンプルですが、着やすく飽きの来ないスタイルで、実用的なオーダースーツ作りを心がけております。
「お客様とテーラーと職人(クラフトマン)とが、三位一体で心を込めて洋服を創り上げる」。
ブランドや小手先の仕立てを超える本物のスーツを、いかにお客様のご予算の範囲内でお応えして作り上げるかが、当店の使命と思っております。

紀州本 佳英 Yoshihide Kisumoto
1951(昭和26)年生まれ
1976(昭和51)年:川口洋装研究所にて裁断パターンを学ぶ
1976(昭和51)年:テーラーキスモト入社
2003(平成15)~2010(平成22)年:大阪府洋服組合理事
2005(平成17)年:大阪市中小企業技能功労賞受賞
2008(平成20)年~2010(平成22)年:OTC(大阪テーラーズ倶楽部)委員長
2012(平成24)年~:大阪府洋服組合常務理事

紀州本 佳照

紀州本 佳照

学校を卒業後、金融機関に勤めておりました。アパレルとは全くの異業種ですが、多くの経営者の方とお会いして、我々スーツを提供する立場の人間にできることは何かを考えるようになりました。それは、ご注文頂くお客様がご予算内で本当に満足してスーツを着用して仕事をして頂き、その方にお会いした方が不快な思いをされないようなスーツ作りをすることが第一だと思います。異業種だからこそオーダースーツ業界を客観的に見て、あらゆるビジネスシーンに対応できるスーツ作りを中心としてお店を運営しております。やり過ぎのデザインでもオシャレ着として着用して頂くのは自由で楽しい事だと思います。現に、そのようなご注文もたくさん頂いております。しかし、大半の人々にとってのスーツのニーズはビジネス用と思います。よって基本的には実用性に優れた洋服作りをモットーにしております。当店のオーダースーツは着心地が良く耐久力に優れれているのも特徴だと考えます。銀行員時代は毎日、当店で作ったオーダースーツを着用しておりましたが、激しい外交活動でも型崩れや生地が破れるということはありませんでした。そして何より、周りの人からスーツを褒めて頂く機会がたくさんありました。
価格と品質のバランスの良いオーダースーツ。
そのような商品がだんだん少なくなってきておりますが当店は可能な限り真面目な洋服作りを続けていきたいと思っております。
幸いなことにサラリーマン退職後、オーダースーツ界では知らない人はいないと言われる岡本富一先生に2年間ご指導して頂き、採寸、型紙作成、裁断、仮縫い、補正、本縫いを習得させて頂きました。そして実際に当店でご注文頂くお客様のお洋服を製作させて頂きながら日々、仕事に取り組んでおります。オーダースーツ店は星の数ほどたくさんありますがキッチリと技術的な修行をされた方が運営しているお店は減少しているのが現状です。
お客様の体に直接触れる我々テーラーが型紙作製~縫製を知ってなければ、まともな洋服づくりは出来ません。この業界に入って本縫いまで勉強させて頂いたことに感謝し、日々精進しております。

紀州本 佳照 Yoshiteru Kisumoto
1978(昭和53)年生まれ
2002(平成14)年:金融機関に入社
2006(平成18)年:株式会社テーラーキスモト入社。

同時にオカモトデザインシステムにて型紙作製、裁断、仮縫、本縫を修得。

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
gototop