大阪オーダースーツ テーラーキスモト

大阪のオーダースーツ テーラーキスモト

一着ずつ丁寧にスーツを作り続けるオーダーメイドスーツ専門店

オーダースーツ製作日記

2017/03/13

ズボンの裏の大修理

<破れてしまったヒザ裏>


ズボンの裏側にはヒザ当てと呼ばれる裏地がついており、ズボンの履き心地やスベリを良くする役割を果たしております。画像は長年の激しい着用によって、激しく破れてしまったヒザ裏で、表生地はそこまでは痛んでないので、修理をすることになりました。

 

<切り継ぎ加工で再生>


ヒザ当ては最初にズボンの前身頃に取り付ける部分ですので、いったんズボンを解き、バラバラにします。こちらのお客様はズボンのかなり上の部分まで破けてましたので、ファスナー部分やポケットの裏側まで解いて修理しております。

 

<切り継ぎ部分>


画像真ん中から右側にかけて、ヒザ裏のグレーが変わっているのがお分かり頂けると思います。こちらの修理はズボンを縫える技術を持っている職人さんでないと出来ない修理方法です。当店では、修理は基本的に当店専属の縫製職人さんに作業をして頂いております。洋服の構造や、当店の技法を良く知っている職人さんだからこそ、綺麗に無駄なく仕上げて下さいます。

 

<大切な洋服だから>

お客様にご購入頂いた洋服を末永く着用して頂きたく、当店では様々なお直しも承っております。(ただし、基本的には当店で製作させて頂いた事のあるお客様のお洋服に限らせて頂いております)古い洋服では20年以上前のお洋服でも修理は可能です。少し費用は必要ですが、綺麗に治ることからご好評を頂き、毎年、かなりの着数のお洋服を修理させて頂いております。サイズ直しはもちろんですが、ほころび修理や、ポケットの作り直し等の様々なお直しを承っております。

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
gototop