大阪オーダースーツ テーラーキスモト

大阪のオーダースーツ テーラーキスモト

一着ずつ丁寧にスーツを作り続けるオーダーメイドスーツ専門店

オーダースーツ製作日記

2017/04/14

濃紺スーツ シャドゥストライブと無地

<WOODHEAD>


一見すると無地のスーツに見えますが、シャドゥストライブのオーダースーツです。WOODHEADは品質と価格のバランスのコストパフォーマンスに優れていることから当店ではお客様から支持を頂いている生地です。適度な光沢があり、少し華やいだ雰囲気を醸し出すことから、結婚式の時に着用できるスーツとしてもおススメさせて頂いております。

 

<斜め下から>


縦糸、横糸共に双糸ですが、しなやかさと、耐久性を兼ね備えていることから、ハードユースの方にも人気があります。

ラペルもスッキリと仕上がっております。

 

<生地アップ>


ベーシックなシャドゥストライブです。着用のしやすく、ネクタイやシャツのコーディネートも比較的に容易ですので、根強い人気があります。今回は少し明るめの紺色でしたが、店内にはもう1点濃紺を在庫しております。

 

<参考価格>


WOODHEAD(ウッドヘッド)英国製生地で仕立てるオーダースーツ

STANDARD ORDER   ¥85,000(仮縫無) ¥105,000(仮縫付)
DELUXE ORDER     ¥105,000(仮縫無) ¥125,000(仮縫付)
ROYAL ORDER      ¥240,000(仮縫付)

※価格は全て税別で表記しております。

※画像の商品はSTANDARD ORDERで仕立てたオーダースーツです。

 

 

<御幸毛織>


すっかり定番の御幸毛織の濃紺無地スーツです。こちらの生地は耐久性が高い事から、営業マンのお客様にも人気があります。少し太めの糸で織られた生地ですが、しなやかさも兼ね備えながらシワにもなりにくいのが、人気の理由でもあります。今回、ご注文頂いたお客様も長く着用したいと、ご注文時におっしゃられましたので、こちらの生地をおススメさせて頂きました。

 

<斜め下から>


営業のお仕事をなさっておりますから、濃紺無地はベストバイなアイテムです。日々の業務に支障をきたさない様に、生地選び、縫製のクオリティーを維持し、耐久性のあるスーツを作るのもテーラーとしての使命でもあります。購入して頂いたお客様に、キスモトで作って良かったと思って頂けるように、日々、精進しております。

 

<生地アップ>


いわゆるサージ織と呼ばれる織り方です。サージ織は耐久性に優れた製法で、着用頻度の高い制服に採用される事が多いのが特徴です。

 

<参考価格>


御幸毛織(日本製)生地で仕立てるオーダースーツ

STANDARD ORDER   ¥80,000(仮縫無) ¥100,000(仮縫付)
DELUXE ORDER     ¥100,000(仮縫無) ¥120,000(仮縫付)
ROYAL ORDER      ¥230,000(仮縫付)

※価格は全て税別で表記しております。

※画像の商品はSTANDARD  ORDERで仕立てた商品です。

 

 

 

 

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
gototop