大阪オーダースーツ テーラーキスモト

大阪のオーダースーツ テーラーキスモト

一着ずつ丁寧にスーツを作り続けるオーダーメイドスーツ専門店

オーダースーツ製作日記

2017/09/19

2017年 秋冬新入荷生地 NO.1

<スーツ編>

  
8月の下旬から今年も続々と契約していた、生地が届いてきております。オーセンティックな色柄が中心ですが、少し明るい目のブルーも数点入荷しております。

 

<アリストン>


アリストンブランドで契約した生地ですが、ミミにはしっかりとバルベラの文字が…。アリストンが企画、製造はバルベラ。たいていのブランド生地はこういう形態で製造されているのが多いです。最近のバルベラは軽量化された生地のみしか流通しておりませんでしたが、今回の生地はかつてのバルベラを彷彿させる、良い味の生地です。ブルーグレーベースにしっくなストライブが美しい生地です。1点モノですから欲しい方はお早めにお願いします。

 

<ドーメル アマデウス>


オールシーズン着用できる万能のドーメルアマデウス。今回は濃紺無地を仕入れております。どのようなシーンにも活躍できる濃紺無地は、重宝する1着になります。

 

<御幸毛織>


こちらは、国産生地の御幸毛織の濃紺無地です。昨年まで仕入れてた御幸毛織の生地とは少し違うシリーズで、少し柔らかいのが特徴です。

 


こちらも御幸毛織の同じシリーズです。濃紺ベースに控えめなブルーのストライブです。ストライブが主張し過ぎることなく、ビジネスシーンでも着用しやすいスーツになります。

 

<バーローバック>


こちらは、イギリスを代表する織元のバーローバック。スキャバルやダンヒルと言ったマーチャントの生地を織っているメーカーとしても有名です。今回の色は、やや明るめのブルーにパープルのストライブと織柄がのコントラストが美しく一目ぼれしてしまいました。

 

<ホーランドシェリー>


チャコールグレーにストライブのスーツ生地です。140番手の細い糸で織られていますのでしなやかで、柔らかいのが特徴です。様々なビジネスシーンに活躍できるオーダー向きの生地と思います。

 

<ハリソン>


濃紺に少し明るめのブルーのスーツ生地です。ハリソンのPREMIER CRUシリーズは、着心地と耐久性を兼ね備えた生地です。私も5年位前にこちらのシーリズの生地で作ったスーツがありますが、全然くたびれた印象は無く、まだまだ着用できます。

 

<ウッドヘッド>


当店で近年人気のウッドヘッドの生地です。今年も様々な色柄が展開されておりますが、去年からのリピート生産も多く、店舗内にも良い色柄は数点ストックがありましたので、今年はブルーグレーのストライブ生地のみ仕入れております。価格と品質のバランスに優れたウッドヘッドの生地は、人気の素材です。気になる方はお早めにご注文下さいますようお願い致します。

 

次回はジャケット、コート生地を紹介予定です。お楽しみに。

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
gototop