大阪オーダースーツ テーラーキスモト

大阪のオーダースーツ テーラーキスモト

一着ずつ丁寧にスーツを作り続けるオーダーメイドスーツ専門店

オーダースーツ製作日記

2017/05/08

裁断で頭の体操

<青と白の生地で>


仲良くしている洋服屋さんから、白の生地と紺のデニムで仮縫いを作って欲しいと前から頼まれておりまして、先日、少し時間が取れましたので、作業いたしました。左右シンメトリーにして欲しいと言われてましたので、しっかりと良く考えて裁断です。画像は下に白の生地、上にデニムを載せて、どちらが右袖にくるかを確認しているところ…。

 

<裁断の様子>


袖も山袖と下袖で左右、非対象にしなければなりませんので、組み立て上がりをよく考えて裁断します。白の生地はチャコが載りませんので、消えるチャコでマーキングしております。

 

<組み立て上がり>

  
左右対称に出来上がりました。生地質が違いますので、キリビ(パターン線上に糸を付ける)作業がしづらかったです。もちろんデニムは針も通りにくかったです。全てのパーツが無事に対称になってホット一息です。

 

<ディスプレー用の仮縫いならでは>


見栄えが良い様に上衿と身頃の接合部分もクロス(千鳥掛け)縫いして、ラペルの端っこはステッチを入れました。

 

<毛芯仕立て>


ラペルの雰囲気がオーダースーツならでは仕上がりにするために、本縫いと同様の毛芯で仮縫いをしております。ラペルも八刺しはしておりませんがフワッと綺麗に返っております。

 

今まで何着も裁断してきておりますが、この様な依頼は初めてでしたので、普段とは違う感じでした。右と左が対称で当然の洋服で、合わせる事が基本ですが、今回は全く逆の発想で仕事をしました。生地の裏側にマーキングして裁断するのが基本ですから、中表にして裁断する時に表になる方を常に意識するしなければならなく、型紙の置き方一つまで、しっかりと考えました。うーん、少しは頭が柔らかくなっていればいいんですが…。

 

 

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
gototop