大阪オーダースーツ テーラーキスモト

大阪のオーダースーツ テーラーキスモト

一着ずつ丁寧にスーツを作り続けるオーダーメイドスーツ専門店

オーダースーツ製作日記

2017/07/19

ダブルの礼服

<冠婚葬祭の万能選手>


洋服発祥の英国では時間帯によって、洋服を着替えるのが通例で、モーニングやイブニング(テールコート)と呼ばれる洋服です。日本は紋付き袴の風習の名残から、全ての時間帯に着用できる洋服として、礼服が誕生したと言われております。礼服は年齢を問わず、ご注文頂く商品で、地域の風習やお客様の年齢、立場を考慮して、デザインや生地をご提案させて頂いております。本日の礼服はダブルブレストの6×2で最もオーソドックスなデザインの一つです。

 

<礼服におすすめの国産生地>


礼服は日本独自のモノですから、生地も国産生地で仕立てるのがおすすめです。国産生地は和室での着用を前提としていますので、正座してもシワになりにくいのが大きな特徴です。黒もカーボンを糸に染め込んで織られていますので、一層黒が際立っているのも国産生地が人気を得ている理由でもあります。

 

<生地アップ>


埃が付きにくく、織り方も独特です。近年は空調が整っている部屋での式典が多くなりましたので、生地もオールシーズン着用していただける生地をセレクトされるお客様が多いです。昔は、夏物、冬物、合いモノと3つ用意される方が大半でしたが、時代と共に変化しております。

 

<参考価格>


大同毛織(国産生地)で仕立てる礼服上下

STANDARD ORDER
¥80,000(仮縫無)
¥1100,000(仮縫付)


DELUXE ORDER
¥100,000(仮縫無)
¥120,000(仮縫付)

ROYAL ORDER
¥240,000(仮縫付)

※価格は全て税別で表記しております。
※ダブルの場合は¥5,000が加算されます。
※画像の商品はSTANDARD ORDERで仕立てたオーダースーツです。

大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
大阪のオーダースーツの専門店テーラーキスモトへのお問い合わせ
gototop